トップ   自己紹介   PC関連の記事   warsow関連の記事   warsow wikiへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーン・オブ・ザ・デッド

未視聴ながらも名前だけは知っている「ブレアウィッチ」の監督の作品ということで視聴してみました。
中国の鬼月を物語の基本的な設定として用いており、この鬼月は日本で言うところのお盆にあたるもののようです。
この鬼月に中国へハネムーンにいった異人種カップル(中国人xアメリカ人)が未知の存在の脅威から生存を試みるお話です。

ストーリーに関してはホラー映画ということで中身はないようなものですが、少なからず矛盾が存在しており、そこが気になってしまうと楽しめないと思われます。
また、劇中の全ての事柄についてきちんとした説明がされるわけではないので、説明不足を脳内補完しないと「わけわかんねーよ」という感想になるのではないかと思います。(それでも突っ込みどころはありますが)
また、映像についてはとにかく手ぶれがひどいため、酔いやすい方の視聴や体調の悪い時の視聴はオススメできません。
さらに夜が主な舞台となっているため全体的に暗い場面が多く、部屋を暗くして見ないと何が起きているのかよくわからないと思います。
特に注意してほしいのが、この「ムーン・オブ・ザ・デッド」という邦題は原題では「seventh moon」であり、いわゆるゾンビものの作品ではないということ。
ゾンビと設定的に近い存在が出てきますが、世間一般で言うところのゾンビは出てきません。
グロシーンはさほど多くありませんが、動物がぐちゃぐちゃになっているシーンがあるので、苦手な方は避けた方が良いでしょう。

しかし、悪いところばかりでもなく、BGMとテンポの良さと尺の短さの相乗効果で、何も考えずに気楽に楽しめる作品には仕上がっていると思います。
また、(駄作に慣れてしまって感覚が狂っているかもしれませんが)役者の演技も個人的には問題ない水準でした。
終盤の顔アップで顔の筋肉をうまいこと使っているのは良かったと思います。

全体的に見ると出来が悪いわけではないのですが、どうも物足りない感じで特に印象に残るものがない作品です。
もう少しインパクトがあるとよかったかもしれませんが、自分は鬼月の設定が真新しく感じられたので割と楽しめました。
スポンサーサイト

エンド・オブ・ザ・デッド



パッケージ写真の甲冑の騎士が気になったのでレンタル。
突如町中にゾンビが出現、主人公たちは町を脱出し軍基地を目指す、という内容。

まず目に付いたのは画質のひどさ。解像度が低いのかボヤけた映像になっています。
撮影機材の質が悪いんでしょうか。

次に演出のひどさ。カメラアングルは悪くないのですが、無駄に長いシーンが多くて中々次のシーンに進まず、見ていてイライラします。
これだけならまだ鑑賞できるのですが、”街中にゾンビが出現していてパニック状態、あるいは自宅待機を推奨しているであろう場面で、ゾンビの群れの後ろを自家用車が悠々と走って"いったり、質の悪いところは”首の肉を食いちぎられるシーンで、食いちぎられた肉(メイク)の下にある首が見え”たりしています。
演出のレベルが低くて、こちらも見ていて苦痛です。

次に合成の質の悪さ。車内でのパニックシーンがあるのですが、窓枠の所がうまく合成できておらず、目に付いてしまいます。
また、首をちぎられるなどの一部シーンでも合成っぽさが目立ちます。

さらに脚本では、「みんなで協力しよう」と言っておきながら、後ろを守っている仲間に声をかけずに置きざりにし先へ進んでしまうなど、矛盾している所が目に付きます。

というわけで、5点中で評価するなら1点。
しかしながら、いくつか面白い所はあったので紹介したいと思います。

・ベストセラー「ゾンビ対策マニュアル」の著者であるゾンビ評論家が、最初にゾンビの餌食になる
・傘をゾンビの顔に突き刺した後、傘を開くことでゾンビの頭を吹き飛ばす
・ゾンビに噛まれた腕を切断するために、ドアで腕をはさむ。そして切断する
・甲冑の騎士が死んだと思ったらまた出てくる、を繰り返す

という感じで、面白いと思える場面はありました。
笑いのセンスはあるのでまじめなゾンビ映画を作らずに、もっとぶっ飛んだ方向で作っていれば面白い映画になったんじゃないかなと思います。

評価:暇つぶしにするにも少し苦痛。演技もいまいち。

day of the dead 2

ロメロ監督のday of the deadの続編、day of the dead2を見ました。
監督が違うのでどうせ地雷だろうと予想してのレンタル。



カメラワークはあまりよくないですがメイクは良く出来ており、グロシーンは満足のいく出来でした。
しかし、尺の大半が登場人物の人間関係の描写 (しかも時間をかけるほどの内容ではない) になっており、それが物語に関係がないのでつまらない内容になっています。
丹念に感染過程と人間関係の描写をしようという姿勢は評価したいのですが、作品の面白さにはつながっておらず、空回りしている印象。
途中でウイルス適合者はスーパーマンになれる的な話が出てくるので、空回りというか迷走してますね、コレ。
人間関係の描写を省いて、主人公たちがスーパーマンになってゾンビと戦う、って話だったら面白かったと思います。(それなんてバイオハザード)
ゾンビ映画が好きな人以外は、テンポの悪さとインパクトのなさに飽きてしまうと思います。
見所は一瞬移る車イスゾンビと、ゾンビ化した院長のメイクのみ。

評価 2/5
最新記事 5件
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter
リンク(五十音順)
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。