トップ   自己紹介   PC関連の記事   warsow関連の記事   warsow wikiへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50円貯金:196日目

50円貯金を初めて196日目になります。
貯金金額は5950円。ここの所全然貯金できていなかったので、妥当な所でしょうか。
貯金箱の1/4くらい50円玉が入っているので、今のペースで貯金箱いっぱいに貯めるとしたら196日x4=784日の2年と少しかかる計算になります。
196日x3=588日でした。小学生からやり直したい。

5oyen.jpg
スポンサーサイト

smartQ5 ケース

持ち運びするときのことを考えてケースを購入しました。
ゼロショック電子辞書用のZSB-DJ004です。
在庫限定とのことで、金曜日に秋葉原のソフマップ本館に行ったときには黒と白が少しだけありました。

smartq5_casis_1.jpgタバコの箱との比較はこんな感じ。
幅と奥行きは文庫本と同じくらいのサイズです。
厚みは文庫本700ページくらい。
ケースが少し盛り上がっているのは、収納ポケットにイヤホンとSDカードのケースを入れているからです。



smartq5_casis_2.jpgケースを開いたところ。
上下左右に5mmくらいの隙間ができるので、ケースを振るとsmartQ5が中で少しだけ動きます。
内部の厚みは22mmということで、数値上はsmartQ5よりも8mm厚くなっていますが、zeroshockは内部がボコボコしているためか、ピッタリ納まりました。
内部は熱が篭るので、寿命が気になる方は念のため電源を切ってから収納した方がいいかもしれません。


というわけで、安心してsmartQ5を持ち運べるようになりました。
しかし、公衆無線LANサービスは申し込んでいないし、学内LANにも申し込んでいないため、現在は出先でインターネットは利用できない状態です。

辞書とかIT用語辞典とか入れて、ネットとゲーム以外の用途を考えないといけませんね。
動画と音楽の再生もまだ試していませんし。
SDカードの容量が15GBほど空いているので、Ubuntuを試してみるのも面白そうです。
Androidプログラミングの方は暇を使ってチマチマとやっています。
タッチパネルを使ったゲームを作ってみようかな、ということでモグラたたきのようなものを作ってます。
それができたら、スペースガンみたいな感じにしていこうなんて思ってますが、熱しやすく冷めやすいタイプなので、どうなることやら。

smartQ5 アプリケーション

marketでアプリケーションを落とすのが一段落したので、かなり良かったものを紹介してみる。
(といっても、いずれもユーザーから高く評価されているアプリです。評価が高いだけあって素晴らしいアプリです)
スクリーンショットはいずれもクリックして原寸で見られます。
(smartQ5でキャプチャしたので、解像度800x480です)

Twidroid ★★★★★
twitterクライアント。
色んなところで紹介されているようなので、かなりメジャーそうですが一応紹介。

091011_twidroid.png

まず、シンプルで見やすい。文字サイズは小中大から選択。
何より機能が充実しており、つぶやきの削除、相手のつぶやきに対してつぶやき、ダイレクトメッセージの送信、プロフィールの閲覧、お気に入りへの追加、つぶやきのコピーまでできます。
また、写真の投稿サービスに対応、メッセージの検索、GPS情報の使用もでき、これをインストールすればまず困ることはなさそうです。
プロフィール画像の表示切替、ステータスバーに新着件数の表示もできて、隙のない仕上がりです。

PaintNote ★★★★
ペイントソフト。
起動したらすぐに使える所が好印象。

091011_paintnote.png

使用できる色の数が少ないですが、色の選択、筆の種類、筆の太さなどの設定が1つのダイアログで完結しており、すぐに操作に慣れることができました。

RoboDefense ★★★★
タワーディフェンス。

091011_robodefense.png

ユニットの配置がしづらいが、早送り、一時停止、セーブ機能、実績などがあり、機能面が非常に充実している。
落としてしばらくは時間を忘れて遊んでいました。
基本となるユニットは3体ですが、様々なタイプにアップグレードすることができ、色々な戦略を試すことができます。

android フルスクリーン

androidアプリケーションをフルスクリーンで起動させる方法。

フルスクリーン(Full Screen)/全画面表示をするには

フルスクリーンという単語が出てこなくて遠回りをしてしまい、3時間くらいかかりました。
色んなクラスに目を通せたし、xmlでのデザインの仕方も少しだけ分かったので無駄ではなかったと思いたい。
ちなみに、フルスクリーンでない時に端末最上部に表示されるバーはステータスバーと言うそうです。

余談ですが、デバッグをsmartQ5で行う場合、既にeclipseやAndroidSDKをインストールしていれば、WiFi経由で実機にapkファイルを転送してデバッグすることができます。
smartQ5を無線LANネットワークに接続した後に、コマンドプロンプトから

set ADBHOST=192.168.11.3
adb kill-server
adb start-server

を実行します。
1行目でsmartQ5のIPアドレスを指定しています。
2・3行目は設定を反映するための再起動かな。
後はEclipseでプログラムを実行するだけです。

いちいち手入力するのはめんどくさいので、batファイルにしておくと楽チンです。

Aセット

aset.jpg久しぶりに自炊してみました。
うまかっちゃんの焦がしねぎにチャーハンです。

うちのIHは火力が弱いので、冷凍したご飯を使わないともそもそのチャ-ハンになってしまうのが悩みです。
新米食べたさに炊きたてを使わなければよかった。
電子レンジで水分飛ばしたら少しはマシになったかもしれません。

作ったチャーハンの半分を夜食として残しているので、電子レンジで長めに温めてみようと思います。
最新記事 5件
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter
リンク(五十音順)
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。