トップ   自己紹介   PC関連の記事   warsow関連の記事   warsow wikiへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でっけぇパイン

居酒屋でパインサワーを注文したらこんなものが出てきた。

SN340506.jpg

パインがドンッとまるまる1個。
切ってないパインは安いらしいのですが、400円でこれはすごいと思う。
もとの酒(たぶん焼酎)が薄かったので、完全にパインジュースだったのは残念でした。
(ちなみにメニュー表によるとパイン1個で4杯分らしいです)
スポンサーサイト

guruplug 外観

開封。内容物はguruplug standard、JTAGボードおよび接続用コード、各種コンセントおよびコード、miniUSBコード、LANケーブル、そして保証書。
SN340497.jpg

フィルムでぐるぐる巻きのguruplug。
SN340498.jpg

大きさはタバコ2箱程度。かなり小さい。
SN340499.jpg

起動。4つのLEDは通電、WiFi、bluetooth、ブートの状態を示している。
ブートの状態を示すLEDがオレンジ色に光っている。クイックスタートガイドには緑色で問題なくブートしている、赤色か消灯でブートに失敗と書かれているので、ブートはできたがエラーがあったということだろうか?
SN340502.jpg

ブートしてから8時間ほど経過している。今のところ目立った問題は発生していない。
ただ噂通り発熱がすごいようで、段々とケースが熱くなってきている。
側面に2cmほどのスリットが入っているが、意味をなしているのか疑問。
harvey750さんでケースを外したguruplugの姿を閲覧できます。
ヒートシンクくらい付いてるのかなと思っていたのですが、これではヒートスプレッダと言った方が良さそうな感じですね。

フォーラムにサーモカメラの撮影画像が投稿されていました。
素人目に見てもコネクタ内部が50℃以上あるのはやばいんじゃないかと思います。フォーラムに書かれている通り、内部温度はすごいことになっていると思われます。

guruplug いじり①

linuxはズブの素人なため、何の情報が必要になるか分からないので適当にメモ。
突っ込みどころがあれば指摘していただけると勉強になりますので大変助かります。

まずはWiFiクライアントモードに設定。出荷状態だとWiFiアクセスポイントモードになっているとのことなので。
でも、WiFiクライアントモードに変更するときの説明に、ブートするたびにアクセスポイントモードになると書いてあったので、アクセスポイントモードでもサーバーとして運用する分には別に問題ないのだろう。
熱暴走対策としてGuruPlugの熱暴走対策と無線アクセスポイントの暗号化を参照。
STEP1の/etc/apt/sources.listへのURL追加は既にされていました。
STEP2をやろうとapt-getするも
E: dpkg was interrupted, you must manually run 'dpkg --configure -a' to correct the problem.
とエラーが表示される。
定番のエラーらしい。容量が足りない場合に起こるとのこと。
df -h でディスク容量を確認。ほとんどの領域は使用されておらず、最も空き容量が少ない領域でも使用率は45%。特に容量が足りない様子はない。
dpkg --configure -a を走らせろとのことなので、やってみる。
これでどうだろうとapt-get install ethtool。無事に成功。

viでは矢印キーが他の入力に化けていたので、nanoを使用して /etc/networks/interfaces を編集。
パスワードをデフォルトの nosoup4u から変更。
(guruplugの前身sheevaplugもこのパスワードらしい。ユーモアがあっていいですね)

とりあえず apt-get update して apt-get upgrade。
ストレージの速度のせいか、プロセッサの性能のせいか、かなり時間がかかる。
途中でsambaの設定をどうするか聞かれる。
windowsとファイル共有をする予定はないので最初に設定されていた設定を引き継ぎ。

netstat -untap でサービス一覧を確認。
sambaがらみのサービスとwebサーバーがらみのサービスが気になるが、今は放置。

iptables -L でファイアウォール設定を確認。
iptablesの設定についてはネットに資料がたくさんあるので簡単。
(sshでリモートログインするのでtcp port 22は外部からの接続を許可する。忘れるとリモートログインできなくなる?)
再起動して設定を確認。設定が初期化されているのを見て、ubuntuでiptablesが理解できず設定の容易なufwの方でファイアウォール設定をしたことを思い出す。
iptables-restoreしてみるが line 1 failed とエラーが返ってきた。
設定ファイル指定をし忘れていたのに気がついてファイルの場所を指定してみたがファイルが見つからないとのこと。
確認したらiptables-saveで保存先に指定した /etc/iptables フォルダがない。
過去にiptablesで非常に混乱したので、今は放置。

ストレージとしてUSBフラッシュメモリ 2GBを使用。
cd /mnt で移動して mkdir usbmemory。
念のためFAT32でフォーマット。

ここでワットチェッカー読みの消費電力を確認。アイドルで4W。
USBフラッシュメモリを刺す。消費電力が一瞬6Wになり、その後は5Wで安定。
/dev/sdaと認識されている。自動でマウントされたらしく、"/media/usb0にマウントされた"と表示されている。
このままでもいいのだがマウントの練習ということで、アンマウントしてさきほど作った /mnt/usbmemory にマウント。
転送速度が気になるが、ベンチマークの仕方がググってもすぐには見つからなかったので放置。

OSの入れ替えなどで色々遊べそうだが、一番の目的はFPSゲームであるwarsowサーバーとしての稼働。マウントしたUSBフラッシュメモリにwarsow_0.5_unified.zipをダウンロード。
245MBのファイルが1m52sで落ちてきた。書き込み速度は遅くても2.18MB/sの模様。
gunzip warsow* とすると unknown suffix -- ignored のエラー。
gunzip -S .zip warsow* とすると warsow_0.5_unified,zip has more than one entry -- unchanged のエラー。
解決方法が良く分からないのでunzipをインストール。unzip warsow* で無事解凍された。
さっそく wsw_server を起動。予想通りエラーが出る。
Error : Exectable for system ' arm' not found
guruplugでコンパイルできるんだったら、負荷テストも兼ねてそうしたい。
もともと期待していないので、最終的にうまくいかなくても泣かない :)

guruplug到着まで

2/17に予約注文、guruplugの販売元であるglobal scaleから4/30にFedExへ荷物の発送依頼が行われる。
しかし、2ヶ月経ってもTracking Numberが割り振られず、荷物も配送されていないため、global scaleにメールで問い合わせ。


I have not yet recieved the merchandise I ordered on <注文日>.
The order number is <注文番号>.
And the shipping status is below.
<shipping status>
I think there is some problem with FedEx.
Would you inform me of your shipping schedule?
Thank you.

name:<名前>
adress:<住所>

2日後にglobal scaleから返信があり、1週間以内に発送手続きをするとのこと。
少し送れて10日後に発送メールが到着。FedExのTracking Numberが割り振られているので、以後FedExの荷物追跡を利用して到着を待つ。


貨物の輸送履歴

日時(現地時間)
スキャン情報
場所
配送状況

Jul 12, 2010 9:38 AM
配達に関する情報
NARITA-SHI JP
住所不完全

Jul 11, 2010 8:07 AM
貨物リリース (通関許可済み)
TOKYO-KOTO-KU JP

Jul 11, 2010 8:02 AM
輸送中/処理中
TOKYO-KOTO-KU JP
通関中

Jul 10, 2010 1:25 PM
輸送中/処理中
NARITA-SHI JP

Jul 10, 2010 9:30 AM
仕向国仕分け場所
NARITA-SHI JP

Jul 9, 2010 9:30 AM
FedEx経由地を出発
ANCHORAGE, AK

Jul 9, 2010 6:54 AM
FedEx経由地に到着
ANCHORAGE, AK

Jul 9, 2010 12:50 AM
FedEx経由地を出発
OAKLAND, CA

Jul 8, 2010 11:23 PM
FedEx経由地に到着
OAKLAND, CA

Jul 8, 2010 7:55 PM
出荷地のFedEx営業所を出発
FULLERTON, CA

Jul 8, 2010 2:27 PM
集荷完了
FULLERTON, CA
Jul 8, 2010 4:10 PM
貨物情報はFedExに送信されました。

7/12の夕方に住所不完全となっているのに気が付き、カスタマーサポートに連絡して正しい住所を伝えました。
住所不完全だと荷物の配達先が分からないため、いつまで経っても荷物が届かないそうです。運送会社によっては、一定期間保存したのち、連絡がない場合は荷物が処分される場合もあるそうです。
(ついさきほどguruplugが到着したため、最新の情報は住所不完全のまま)

FedExでググるとあまりいい評判を聞きませんが、今回は発送から到着までが4日間だったので、特に箱の潰れはありませんでした。
(2か月の発送遅延の原因は不明。こちらも問い合わせておけばよかった)
最新記事 5件
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter
リンク(五十音順)
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。