トップ   自己紹介   PC関連の記事   warsow関連の記事   warsow wikiへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dxtory と DirectShow

”PCゲームをフルスクリーンで起動して、その画面を配信で流す”にはどうしたらいいのだろうか。
ゲーム画面の録画で有名なFrapsではフルスクリーン画面の取得はできても、ファイルに出力するため配信でリアルタイムに流すことができない。
(録画しているファイルを再生するという手が可能かもしれないが、HDD上に書き出し中であるファイルの再生は難しそうだし、HDDがボトルネックになりそうだし、現実的とは思えない)
何かいいソフトはないかと探してみると、今ではFrapsと双璧をなすと言ってもよさそうなDxtoryが求める機能を有しているらしい。
【連載第23回】「佐藤カフジのPCゲーミング道場」HD時代のゲームプレイ動画のつくり方 - GAME Watch

さっそく試用版をインストールして起動してみる。試用版には機能の制限があるようだが、求める機能は利用できそうである。
ムービータブを見てみると出力形式を選択する部分があり、そこには"ファイル出力"と"DirectShow出力"という選択肢がある。
後者のDirectShow出力を選択することで、”PCゲームをフルスクリーンで起動して、その画面を配信で流す”ことができるらしい。
(Windows7ではできないという記述が上記連載にて書かれていたが、とりあえず気にしない)
ちなみにDxtory製品版は1ライセンス3600円。Fraps製品版は1ライセンス3000円ほど。
既にFrapsを所有しているし、DxtoryとFrapsが似たような機能を有していることを考えると購入する気がしない。
もしかしたら自前でなんとかできるのではないだろうか?と無謀な考えが浮かび、色々と調べてみた。

このDirectShowとは何なのだろうか?
wikipediaによると「メディアファイルまたはストリームに対する様々な操作を行うマルチメディアフレームワークとAPI」とのこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/DirectShow

身近な例では、”動画再生”や”USBで接続したwebカメラから映像を取得し、その映像を加工し、加工した映像を流す”という一連の処理でこのDirectShowが利用されているらしい。
”SFCの3色コードをビデオキャプチャーデバイスに接続して、PCに接続したモニターから出力する”というのもこの類だ。

こうした例から考えると、”PCゲームをフルスクリーンで起動して、その画面を配信で流す”というのは以下の手順になるだろう。
①モニターに出力する映像、あるいはフルスクリーンのウインドウ(?)の映像を取得する
②取得した映像をエンコーダーなどで圧縮する(必須の処理ではない)
③圧縮した映像をSCFHなどのソフトに入力として渡す

文章にしてみると簡単そうだ。
しかし、実際にはwindowsプログラミングの知識はもちろん、windowsAPIの知識も要求され、生半可な知識では実現できそうもない。
過去にwindowsAPIを学ぼうとして挫折した経験なども考慮すると、1ライセンス3600円はむしろお買い得に見えてきた。
何はともあれ、まずはwindows7 64bitとDxtoryの組み合わせで”PCゲームをフルスクリーンで起動して、その画面を配信で流す”ことができるのかどうか、確認してみようと思う。
スポンサーサイト

みねくらふと

トロッコの移動速度がそれほど速くないらしいのでジェットコースターはあきらめて、ドット絵を再現。

mine_seiken.jpg

無題

FPS遍歴

どういう経緯でwarsowを始めるに至ったのか振り返ってみる。
表にすると以下のような感じ。メインにプレイしていたタイトルを挙げている。

time.jpg

もともとネットを自由に使える環境ではなかったので、本格的にマルチプレイを始めたのは2006年から。
当時はお金がなかったので無料で遊べるFPSを探していた。
そこで見つけたのがWolfenstein : EnemyTerritory(ET)だった。友人の薦めもありプレイし始め、いつでも遊べる人口の多さとクラス制チームプレイの面白さから、あっという間にハマってしまった。
どこで人生を踏み外したかと聞かれれば、このETがそのうちの1つと答えられるほどの熱中ぶりで、ひどい時には1日に15時間以上プレイしていた。
どういうきっかけだったかストレイフやハーフビートを駆使したトリックジャンプの存在を知り、自分もやってみたいと思うようになってからは、トリックジャンプ練習マップの回っているサーバーでストレイフの練習やトリックジャンプの練習に明け暮れた。
この時にご指導いただいたプレイヤーの方の名前は今でも覚えている。

この頃、友人の友人達と友人になり、ネットを介して友人と雑談やゲームなどで楽しむようになった。
その友人達とFPSをプレイしたいと思うのに時間はかからず、ETをすすめてみるも反応はかんばしくなく、これはどうだろうと当時唯一のオンラインFPSであったスペシャルフォース(SF)のプレイを開始する。
現代で使われる銃を使用できるというところが友人達に気に入ってもらえたようで、"友人とオンラインゲーム"と言えば、もっぱらSFだった。
敵を倒せばいい、爆破を成功/阻止すればいいという明快さから1年ほどは楽しめていたが、"弾ロス"などの仕様が目に付くようになり、しまいにはクソゲークソゲー連呼するような状態になっていた。

そんな中、発売前のBF2142を体験できるということでBIGLAN socket5を見物に。
現地に到着してBF2142をプレイしようかという時に、試遊台のちょうど後ろで試合が行われていたのが、現在まで熱中することになるwarsowであった。確かbluespearさんとfumioさんの、wdm1でのduelだったと記憶している。
FPSをやらない友人(無理やりつれてきた)を尻目に、エイムに興奮していたのを覚えている。

そして2007年。
サドンアタック(SA)のクローズドベータが開始される。SFの不満点がことごとく解消されていたこのFPSにプレイが移行するのに時間はかからず、休日には早朝までプレイするほど熱中した。
クランへの加入は、このSAが始めての経験となった。
(そのクランは残念ながら、仕事や就職などで自然消滅してしまった)
しかし、このSAにも不満がないわけではなく、他にいいFPSがあればそちらをプレイしたい、という状況だった。
そこで以前見かけたwarsowの存在を思い出してプレイを開始した。
スポーツ系FPSのマルチプレイはBOTとしかやったことがなかったため、とにかく全てが新鮮で、(特にCAで)何がどうなっているか分からないながらも楽しくプレイしていたと思う。

そして2008年。
warsowにすっかりハマってしまい、この頃にはET、SFはプレイしなくなっていた。SAは友人と遊べるということでまだプレイしていたが、スナイパーの手ごわさから次第に不満が噴出していった。
この時のwarsowといえばもっぱらCAで、上級者の移動テクニックやエイムがとてもかっこよく、自分もあれぐらいできるようになりたいと思ったものである。現在よりもアクティブプレイヤーの数が多く、プレイに困らなかったことも大きかった。
warsowの売りであるスピーディーな移動とゲームスピードをこの時期に存分に味わい、自分の中で一番のFPSはこれだ!こんなに面白いFPSは他に経験したことがない!というくらい熱中する。
また、この頃に名前を見かけて一方的に親近感を持っていたAkimboさんとnegariさんがそれぞれクランに加入し、置いてきぼりにされたような感じがして俺もクランに入ろうかなと思い立ち、当時唯一メンバーを募集していたINQに加入することになった。
これがちょうどwarsowLAN 3rdの開催1ヶ月ほど前で、LANパーティーに興味があったこと、loyさんの誘いがあったことが後押しとなり、初めてのLANイベント参加となった。
このwarsowLAN3rdでDuelイベントがあったこと、J'sさん主催のsssp.TVのDuel大会があったことなどから、次第にduelに興味を持ち始めた。
そしてせっかくの機会だからと、アイテム管理もできないのにduel大会に参加するなどして、duelの経験を重ねていった。
この年の10月頃にはRA,YA,MHの3つのアイテムを管理してしまうなど、個人的には神がかっていたと思う。(今は感覚でMHを管理しています)

そして2009年以降はwarsowプレイヤーの方はご存知の通り、さまざまな大会などに参加させていただいております。

完全に自分語りになってしまいましたが、こうして振り返ってみると様々なFPSで様々なマルチプレイを経験して来たからこそ、duelを楽しめている今の自分がいるわけで、2006年ごろの自分に「warsowでduelやろうぜ」と言っても興味すら持たない、2007年ごろの自分は難しそうだと謙遜していただろうなと思います。
そう考えると、warsowなどのスポーツ系FPSを勧めたときに「難しそう」「みんなレベルが高くて勝負にならなさそう」と思ってしまう人がいるのも理解できます。
しかし、実際には色んな人がスポーツ系FPSの門戸を叩いているわけですし、その人がそのタイトルをどう思っているかということよりも、そのタイトルにどれだけ楽しさを見出せるか、感じられるかという所が肝心なのかもしれません。
そう考えると、warsowすごそう、かっこいい、面白いと思ったからこそ、自分はwarsowを始めたのだろうと思います。
とまぁ、当たり障りのない結論が出たところで、筆を置きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

マウスパッドの手汗

warsowで移動がうまくできなかったり、KFでネガティヴアクセルが出てるんじゃないかと思ったり、マウス周りがあやしかったので、マウスパッドをチェックしてみました。
現在使用しているのはartisanの飛燕、1ヶ月半ほどでご覧のような状態です。

IMG_0050.jpg

マウスパッドの中央あたりが黒くなっているのが分かります。(※撮影者の影ではありません)
この黒くなっている部分では、マウスがパッドに引っ張られるようなネチョネチョした感じがします。
数分もマウスを握っていればマウスのお尻がベチョベチョになるくらい手汗をかくので、手汗が染み込んだ結果こうなったのだと思います。
手汗が染み込んでいるのなら湿気ているに違いないということで、ドライヤーの熱風を当ててパッドを乾燥させてやるとネチョネチョ感はかなり改善されました。
飛燕というマウスパッドそのものについて言えば、吸湿した水分をどの程度発散してくれるのか気になるところです。

ニコ生始めました

生放送用のコミュニティ作りました。
スポーツ系FPS配信をしていく予定です。
http://com.nicovideo.jp/community/co519352

有料会員であれば過去放送を視聴できるようなので、お暇なときにごらんいただければ幸いです。
最新記事 5件
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter
リンク(五十音順)
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。