FC2ブログ
 トップ   自己紹介   PC関連の記事   warsow関連の記事   warsow wikiへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A4 tech X700-F

A4 techのゲーミングマウスX-700Fを購入。500円でした。
スペックはパッケージによると、
FPS 6500 frames / second
1000DPI
Max.Acceleration 15g
Image Processing 5.8mega pixels / second
センサーは光学式、重量は約104g、コード長は1.8m、スイッチはオムロン製のようです。

CIMG0401.jpg

右は購入して4年経つlogcoolのG5。塗装がボロボロです。

CIMG0404.jpg

palm controlということでかぶせ持ち推奨のマウスです。
左右対象のデザインなので、つまみ持ちでも使用できます。
またWMOと比較してお尻が短いので、手の小さい自分でもお尻の広がっているところをしっかりと持つことが出来てホールド感は良好。
クリック部分には指に合わせた窪みがあり、フィット感も良好です。
デフォルトのソールはテフロン製のようで、トスベールに近い滑りだと思います。

最大の特徴は左クリック部分右上の赤いボタン。
このボタンを1回押すと左クリック3回と同じ操作が行われます。
このボタンによる射撃は「タッタッタッ」という感じで、1回の左クリック動作の間に少し間が空きます。
スポーツ系FPSでは利用価値がないと思いますが、CS系FPSではタップ撃ちに使えます。
残念ながら自分は手が小さく指も短いので、持ち方を維持したまま赤いボタンを押すことができませんでした。

CIMG0409.jpg

ホイールはcompact mouse optical 500(以下CMO)によく似ていますが、こちらはノッチが少し緩いです。
そのため、ホイール入力の一刻みが少し分かりづらいです。
ホイールクリックはWMOやCMOと変わらず、普通の感触です。

両サイドはマット仕上げがされていますが、ほんの気持ち程度の抵抗があるだけで持ちやすさの向上には役立っていません。

付属品として替えのソールが2セット付属していました。

CIMG0398.jpg

ここまでは特に問題もなく普通のマウスなのですが、センサー位置がかなりお尻側になっているため、このセンサー位置が合うか合わないかでこのマウスの価値が左右されます。

CIMG0405.jpg

ご覧のようにかなりお尻側になっています。
また一般的な400/800/1600dpiとは違い1000dpiなので、かなり独特な操作感になっています。
なお、専用のドライバはありません。

最後に、このマウス最大の欠点を。
上部の灰色の爬虫類系の塗装ですが、手汗を書いてくるとこの塗装がベタベタしてきます。
また、指にかなりのシンナー臭がこびりつくので気になって仕方ありません。
自分はこれが我慢できなかったのでレビューを書くために一通り触って、すぐに箱に戻しました。

以上。

コメント

非公開コメント

最新記事 5件
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter
リンク(五十音順)
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。