FC2ブログ
 トップ   自己紹介   PC関連の記事   warsow関連の記事   warsow wikiへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2233, swift

twitterがお手軽過ぎてまったくやる気がないですが、とりあえず更新です。

まずは2233の感想から。
120Hzの液晶であるSyncMaster2233ですが、結論から言ってパフォーマンスには変化なし。
接続してすぐにカーソルが滑らかに動くことが確認できましたが、だからどうなるのかといえばどうもなりませんでした。
以前100HzのCRTを使っていたが、今はやむなく60Hzの液晶を使っている、というような方には意味があるかもしれません。
液晶なので当然残像があり、デスクトップ画面ではカーソルが少し太るのが確認できます。
遅延はしっかりとした検証ができていませんが、遅延が少ない液晶ではないようです。
プラス面としては、ティアリングが発生しづらくなることが挙げられます。
warsowの起動時、終了時に格子状に描画されない領域が出ることが、何が原因かは調べていません。
warsow以外のゲームでもOSDを出すタイミングによって同じ現象が発生しますが、OSDは頻繁にいじるものではないので、特に問題ないと思います。
この症状は液晶の電源を入れなおすか、ゲームを再起動するかで直ります。
欠点をあげるとすれば、DVI入力しか存在しないことでしょう。
現在では他社からも120Hz液晶が発売されていますので、この製品を選ぶ理由は特にないかと思います。
3D visionはメガネを持っていないので試していません。

次にzowie gearのプラパッドswift。生まれて初めてのゲーミングプラパッドです。
エアパッドソールをつけたG5で試してみました。
プラパッドということでよく滑るのですが、プラパッドにしては割と止まってくれる印象。
しかし、布パッドと比べたらあまり止まらないと言っていいでしょう。
Mantis speedよりも止まりません。
MSマウスのソールは布だと全く滑らないのですが、プラパッドなのでよく滑ります。
これならトスベ-ルを貼っていない素のWMOでも問題なくプレイできそうです。
スポーンマークとzowieロゴの上でも滑りは変化しません。
マウスパッド裏面の仕上がりは素晴らしく、Qck miniやDRTCPW25Cでは段々マウスパッドがずれていたのですが、swiftでは全くずれることがありません。
耐久性については発売したばかりなので分かりませんが、明らかに耐久性が低いと感じたら、またブログに書くつもりです。
個人的な話ですが、布パッドに慣れているために手や腕に力を入れてマウスを止めることがまだうまく出来ていないようで、力を入れすぎて腕が疲れてしまったり、肩が変に凝ったりしていることを書いておきます。

コメント

やはり現状だとCRTモニタを置ける環境だと、素直にCRTを使っていた方がいいみたいですね。
SWIFT、良いマウスパッドだと思います。自分も耐久性が良ければ使い続ける予定です。
非公開コメント

最新記事 5件
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter
リンク(五十音順)
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。