トップ   自己紹介   PC関連の記事   warsow関連の記事   warsow wikiへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

disciples2

steamにて現在セール中のdesciples2 goldを購入。
ヒーローズオブマイトアンドマジックに良く似たゲームである。

discipl2 2010-10-21 17-26-28-81

カテゴリーはストラテジー。
シングルプレイでは町や城などの拠点で生産したユニットを使って、各シナリオで提示される目標をクリアーしていく。
町や城は強化することが可能で、駐屯可能ユニット数の拡張、防衛線時の防御力アップなどの恩恵が得られる。
特に城の強化が重要で、施設を建造・アップグレードしていくことで、ユニットの上位職への転職が可能となる。

discipl2 2010-10-21 17-31-07-38

城はその姿を詳細に見ることができ、施設の建造・アップグレードにより少しづつ大きくなっていく姿に満足感を覚える。

discipl2 2010-10-21 17-31-51-11

discipl2 2010-10-21 17-26-36-90

4種類の種族それぞれにヒーローユニットが存在し、パーティーを組むためにはこれらのヒーローユニットが一人、リーダーとして必要となる。ヒーローユニットは一般のユニットに比べて能力値が優れており、様々なアイテムを装備、使用することができる。
(アイテムによっては使用するために技能が必要になる)

施設の建造・アップグレードやユニットの作成にはお金が必要となる。
お金はマップ上に存在する金鉱を自軍のものとすることで入手できるほか、道具屋・同盟軍にアイテムを売ることでも入手できる。
同様の資源としてマナがあり、これは魔法の研究と魔法の使用に必要となる資源。
下の画像にある、白と赤のクリスタルがそれだ。他にも黒と青のクリスタルが存在し、それぞれのクリスタルから違う種類のマナを入手できる。

discipl2 2010-10-21 17-32-26-10

このゲームではユニット間の戦闘、拠点の取り合いのほかに、上にあげた資源の取り合いをすることになる。
当然、多くの資源を自軍のものとすることにより有利な状態でゲームを進めることができる。

discipl2 2010-10-21 17-29-15-80

戦闘はこのような画面で進む。
イニシアチブの高いキャラクタから順に行動していくため、誰がいつ行動するのかということを頭の隅に置きながら行動を選択している。
画像で戦っているのはウェアウルフ。戦闘前の警告どおり(ゲーム中はキャラクターがちょくちょく進言して、ヒントを与えてくれる)、魔法による攻撃が必要となる難敵。
画像のパーティーは完全な脳筋パーティーで魔法による攻撃ができなかったため、必死に逃亡を試みたが執拗な追跡により全滅。この結果は何度ロードしてやり直しても変わらなかった。
なお、戦闘はフルオートで進行させることもできるし、全ての結果を自動で処理して戦闘を数秒で終わらせることもできるので、経過を見るのがめんどくさければ飛ばしてしまえる。

1シナリオ目から敵が強い、2シナリオ目から物理攻撃の効かない敵が出現する、男も女もみんな顔が濃いなどなど、和ゲーとは違う洋ゲー独特の雰囲気を堪能できる一品。
1つのシナリオをクリアするのにかなりの時間を要しているがターン制でのんびり自分のペースで進められるので、RTSは忙しくてちょっと苦手、という方にオススメ。
自分のターンであればいつでもセーブできるので、ボスに挑んで全滅するのが心配という場合でもセーブしてから安心して戦闘に臨むことができる。
1時間ほどのチュートリアルシナリオをプレイして基本事項は全て学ぶことができたので、戸惑うことなく本編のプレイへ移ることができた。
欠点を挙げるとすれば、UIが灰色で統一されていて慣れるまでは何がなんだか分かりづらい所だろうか。

マルチプレイヤーモードが存在しているものの、TCP/IPでホストのIPアドレスに接続してのプレイとなるので、友人・知人とでなければ遊ぶ機会はないと思います。

aerowalk

quake liveにaerowalkが遂に登場・・・一体どんな試合が繰り広げられるのか、今から楽しみです。




Ownage 3: Grand Final - LocKtar vs... - WATCH IN HD

ジェットパックに引き寄せられて

Hexenを消化する予定だったのですが、謎解きがあまりに難しいため、めんどくさくなり投げました。
FinalDoomのPlutoniaなんかは、マップが割と直線的で分かりやすかったのですが、Hexenはマップが複雑で単純に迷いやすいことに加えて、ワープ大盛り、広大なマップ、複数のマップにまたがった謎解きと、当時のFPSとしても難しい部類ではないでしょうか。
そんなわけで、無料期間開催中のGlobalAgendaをプレイしてみました。
SFなデザインに加えて、ジェットパックを使った飛行ができるということで、Tribesにハマった身として発売前から気になっていたタイトルです。



内容を一言で表すなら、MMO TPS。
PvP(いわゆるマルチプレイ)とPvE(いわゆるCo-op)をTPS視点で遊ぶことができ、レベルを上げることで得られるスキルポイントでキャラクターを強化していきます。
クラスはW:ETで言うところの「soldier」「covert-ops」「engineer」「medic」の4種類があり、自分はmedicでプレイしています。
銃撃感、敵のリアクション、Co-op時のNPCの動きが悪いので敵を倒す爽快感は皆無ですが、Medicでheavy的なクラスを援護して拠点を守りきった時などは達成感があり、それなりに楽しめています。
またMedicは毒攻撃がなかなか強く、1vs1の状況なら結構相手を倒せるので、それなりに戦闘も楽しめています。

ぶっちゃけた話、TF2、W:ETとかKF、L4D2とかをプレイした方が面白いと思いますが、これはこれで今までになかったタイプのTPSですし、何より無料なので暇つぶしに遊んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに、ジェットパックはそれほど燃料が多くないようで、Tribesのように空高く舞い上がることはできませんでした。残念。



Tribesには1つのサーバーで複数人が同時にDAをできるモードがありました。
DAの待ち時間が暇なのでwarsowにも導入されないかなぁ、なんて思っていましたが、どこかのフォーラムでquake3エンジンの仕様的に(MODの範疇では)無理、という投稿を見た記憶があります。
残念。


WE CAN FLY :D

クソゲー

どんなFPSがクソゲーよ?と聞かれたので、その答えです。
FPSが好きなので、SoF:PBなんかでもとりあえず楽しめてしまうありがたい性格です。

http://www.gamespot.com/pc/action/godsgenerals/video/6023438
最新記事 5件
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter
リンク(五十音順)
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。